カーリースは納税が必要ない

車を所有していると車検のときなどに税金を納めなければなりません。自動車税や自動車重量税を納めることを考えると、維持費が意外に大きいのが悩みになりがちです。しかし、カーリースの場合には納税をする必要がありません。カーリースでは車を所有しているのは自分ではなくてリース会社だからです。税金は所有している人が納める義務を負う仕組みになっているため、カーリースにすれば納税は不要になります。毎年手続きをする必要がないので簡単でしょう。税金の負担が気になる人は、車を買わずにカーリースにしておくのも賢い方法です。

メンテナンスは自分で実施する

税金や自賠責保険の保険料は車検のときに払う仕組みになっています。カーリースの場合には車検もやらなくても良く、メンテナンスもしなくて良いのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、リース会社が代行してくれることはありますが、車検やメンテナンスはしなければなりません。安全に運転できる状態を維持することは使用する人の義務だからです。

ただ、リース会社が車検をしたり、車検を通せるようにメンテナンスをしてくれたりすることも多くなっています。費用についてもリース会社が負担する仕組みの場合がありますが、実際にはリース料金に含まれていると考えた方が良いでしょう。自分で車検やメンテナンスをする手間はなくなるメリットがあります。料金がどのくらいかはケースバイケースなので、見積もりを取って確認するのが良いでしょう。

中古車は、街中の販売店だけでなく、SNSを通じた個人間の取引や、ネットオークションのサイトなどでも活発に売買されています。